中折れでもめるカップル

動物と違い、人間にとってセックスは子孫を残すための手段としてだけでなく、パートナーとの関係を円滑に保つためにも必要なものです。
とはいえ、最近ではそのセックスがうまく行かず悩んでいる男子が多くなりました。
中折れもそんな悩みの一つです。中折れとはどういう状態を指すのでしょうか。なぜそうなってしまうのでしょう。
どうすれば改善することができるのでしょうか。中折れについて、詳しく調べてみることにしましょう。

中折れの主な原因は何か?

セックスがうまく行かない状態をED・勃起不全と言います。
現在、日本に1000万人以上のED患者がいると言われており年々増えています。実は自身は大丈夫と思っていても本当はEDになっているかもしれません。
なぜなら、始めからまったく勃起しないという方だけでなく、性交に耐えるだけの硬さが得られない方・最初は硬く大きくなっていても自身が満足する前に萎えてしまう方もまたEDに含まれるからです。
こういった状態を中折れと言います。
EDというのは満足な性交が行えない状態を指すため、中折れもまたEDの症状の一つなのです。

自身もEDであることに気づき、その原因を調べたり生活習慣を改善する・適切な治療を行うなどの対処ができればよいでしょうが、性に関する悩みは恥ずかしく病院に行くことなんてできないなんていう方も多いでしょう。
忙しい毎日を送る中で生活を改善しようにも無理という方もいます。
それにそもそも他人と比べることができない以上は、本当に自分がEDかどうなのかを素人が判断することは難しいです。
そうして一人思い悩むのはEDにとって最もマイナスな行動です。
なぜならプレッシャーやストレスは更に悪化させる一方だからです。心因性の勃起不全というのは多いのです。

とはいえ、このままの生活をずっと続けているのも良くはありません。
食生活の乱れやストレス・過労・睡眠不足など続いていると身体機能に異常が起こります。
そうして器質性勃起不全になることもあるからです。そのどちらもが合わさった混合性勃起不全という方もいます。

どちらが先か、どちらか一方か、とにかく原因を探って改善方法を見つけ出しましょう。
そのためにももしかしたら勃起不全かもと思ったら、早い段階で専門医に相談するようにしましょう。

心因性にしても器質性にしても、混合性にしても、勃起不全の症状は適切な治療を受けていれば治る可能性は十分あるのです。
初期症状の段階で改善しないと、どんどん自信をなくして悪化していく一方です。
強いと思われているかもしれませんが、実際には男性の心はとても繊細です。むしろ女性の方が強いくらいです。
かっこ悪いところは見せられないからとパートナーに打ち明けることもできず悩み続けた結果、パートナーとの関係がギクシャクしてしまうのであれば意味がありません。

身体的な要因

勃起は脳が性的興奮を感じ、それが神経を通って伝わって、男性ホルモンの1つであるテストステロンが分泌される・血管が開いて男性器の海綿体に血液が一気に流れ込む、というような仕組みで起こります。
さまざまな部分の働きがつながってようやく勃起が成功するのです。
どこか一部でも欠けたら勃起しないか、あるいはしてもすぐに萎えてしまうことになります。
こうした身体的機能が要因となるのが器質性勃起不全です。

もしも血管に障害があると血液が上手く流れ込まずしっかりと硬く大きくすることはできません。
たとえば加齢により、あるいは糖尿病や高血圧など生活習慣病により動脈硬化が起きているのかもしれません。
特に糖尿病患者の場合、その半数以上がEDも発症していると言われています。
血管の壁が硬くなっているため十分に拡張することができず、十分な量の血液を送り込むことができないのです。
前立腺がんや前立腺肥大を外科手術した結果、陰茎付近の神経や血管が損傷しているのかもしれません。
手術を受ける前に、勃起への影響についても医師ときちんと相談しておいた方がよいでしょう。

性的興奮を感じても、神経に障害があればそれを下半身に伝えることができません。
たとえば事故により脊椎などがやられている場合にはうまく伝達できず勃起ができなくなるのです。
てんかんや脳卒中・パーキンソン病など神経障害を持つ患者の多くはEDにも苦しんでいます。

下半身まで伝わってもテストステロンの分泌量が少なければ勃起力は弱くなります。
テストステロンは男らしさ・性欲・精子の産出など男性としての機能を維持するためになくてはならないものです。
とはいえ、年齢を重ねるに連れて減って行きます。これは自然のなりゆきです。
ただし、ストレスや喫煙・アルコールによっても不足しやすいため、若くてもすでに分泌量が少なくなっている方も。
アルコールも適量であればいいのですが、飲みすぎはよくないのです。

精巣や脳の視床下部・下垂体にトラブルが発生して症状が起こることもあります。

中折れであれば、血管や神経が完全に損傷してしまっているわけでもなく機能としては残っています。
ですからED治療薬を使ってみると大きな効果が期待できそうです。有効率は80パーセント以上と言われています。

精神的な要因

勃起のメカニズムの最初は性的な刺激です。それが起こらないのであればその後の流れは発動しません。
精神的に要因があるといくら性的刺激があっても大脳が興奮しづらくなります。
心因性の勃起不全です。実は勃起不全というと、このケースが最も多いのです。

その内容は人によってさまざまです。特にはじめての性行為
うまく行かなかったという方も多いのではないでしょうか。初めてという緊張感に押しつぶされて正常に大脳が働けていないのです。
何度か繰り返していれば緊張は緩和されて徐々に慣れてくるはずなのです。
最初に手ひどい失敗をしていた場合には、その後もまた失敗するのではという不安や自身のセックスに対するコンプレックスが続き症状は悪化していく一方です。
「初めては誰でもうまく行かないもの」という気持ちでとにかく乗り切りましょう。

とにかく忙しい毎日を送っている現代男性ですから、疲れていてセックスを楽しむゆとりがないのかもしれません。
結婚しているのであれば子作りへのプレッシャーもあります。
ストレス社会の中でたとえ体は疲れていなくとも心は疲れきっているのです。
とにかく今夜こそは上手く行かないとと頑張るよりも、しっかり眠って疲れを取る時間を作りましょう。

年齢を重ねる中でセックスがうまく行かず、中折れすることが多くなった場合、高齢化だけが原因とは言い切れません。
恋人同士だった頃から数十年経ち、奥さんとのセックスもマンネリ化していませんか。
性的刺激があるからこそ大脳が興奮するのであり、いつものことだともう働かなくなっているのかもしれません。
最近ではインターネットを通じてさまざまなセックスに関するグッズも売っています。
場所を変えるだけでもまた違った新鮮さが感じられるでしょう。いつまでも楽しめるよう二人で工夫してみましょう。

身体的に問題がないのであれば、精神的要因を取り除くことができればすぐにまた楽しめるようになります。
とはいえ、身体の不調と違って初期症状というのも特になくその原因を探るのは難しいことかもしれません。
パートナーに相談するのは男として恥ずかしいというなら専門医に相談する・ED治療薬を活用するなどして、とにかく成功体験をなんとか作り出しましょう。
そうすればそれが自信となって改善に向かえるはずです。